Digital Cam

Digital Cam

デジカメのレンズ選びのコツ

デジタル一眼レフカメラを購入して本格的な写真を撮る場合、デジカメ本体よりもレンズによって作品は大きく変わります。購入する時から「自分は何を撮りたいか」をイメージして選ぶことが大切です。また多くの場合、本体だけではなくレンズキットとして販売しているので、天体や野鳥を撮りたい場合は望遠キットを、商品やフィギュアなど近くにある小さなものを美しく撮りたい場合は広角キットを購入するのが一般的です。望遠は広角に比べて値段が高く、そのもの自体が大きいため上級者向けです。予算はあまりないけれど望遠を買いたいという方は、中古でも良いものが売っています。多少傷が付いていたりレンズ内にホコリが入っているものもありますが、多くの場合撮影に影響するほどのものではないので、リーズナブルな値段で購入できます。また、フレアやゴーストなど、写真を撮る時に出てしまう予期せぬ悪い効果を減らすためには、フードなどのアクセサリーにも気を使うことが大切です。

デジカメはメリットが多いレンズ交換可能な物を選びましょう

デジカメはレンズ交換可能な製品が多いので、購入するなら交換可能な物を選ぶようにした方がお得です。交換可能だと、様々なメリットを得る事が出来ます。一つ目のメリットは、傷が入ってしまっても交換出来るという点です。カメラは外出時に使用するという方も多いので、あちこち持って行くと傷が付いてしまう場合も多いです。本体に傷が付いても写真が撮れれば問題ありませんが、レンズに傷が付いてしまうと撮る写真に写ってしまいます。この際に交換してしまえば新品に変える事が出来るので、お気に入りのカメラを何時までも使用する事が出来ます。他にも、カメラの写真をより綺麗に撮りやすくする、という事も可能です。デジカメの本体の性能とは関係無く、取り付けられているレンズによっても撮れる写真の画質に差があります。高性能な物を取り付けていれば、デジカメの性能を更に引き出す事が出来るので、より綺麗な写真を撮る事が可能です。メリットは他にもあるので、損をしない為にも交換可能な物を選んでおきましょう。

recommend

心斎橋の婦人科

Last update:2017/10/6


↑PAGE TOP

COPY RIGHT (C)2015 Digital Cam ALL RIGHT RESERVED