Digital Cam

Digital Cam

デジカメの画像編集ソフトは様々なメニューに対応出来る優れ物

その時その時の思い出を鮮やかに思い出させてくれる写真は、その時を生きたかけがえの無い大切な証拠です。出来れば、撮影してからそれ程間を置かずに日付、ロケーションごとのフォルダにしっかり分類し、必要とあればすぐに検索、抽出が可能な様にまとめておきたいものです。銀塩フィルムが中心の頃は、現像したフィルムとプリントした写真ごとにまとめなければならず、大変手間の掛るものでしたが、デジカメが主流を占める現在、こうした画像はデジカメ本体に付属、あるいはクラウドサービスにおける画像編集ソフトの恩恵を受ける事が出来るのです。これらの画像編集ソフトは、画像データをこれらにインポートした瞬間に、自動的に撮影日時ごとのフォルダに適宜振り分けてくれる他、撮影ロケーションを始めとしたキーワードによる振り分け、トリミングやサイズ変更、色調やコントラストの微調整といった簡単な加工作業も行う事が出来るのです。もちろん全て分かり辛ければ自らマニュアルで編集も可能であり、自分好みの使い方が出来るのです。

データの編集はデジカメの楽しみ方の一つです。

デジカメは家庭に1台の時代から1人に1台の時代へと変貌を遂げています。その背景には大量生産による低価格化などがあり、私たちの生活にとって、とても身近なものになってきています。そのデジカメの楽しみ方の1つにデータの編集があります。データの編集は画像の色味を変えたり、一部を拡大するトリミングと呼ばれる作業を行ったり、複数のデータを掛け合わせて1つの作品に仕上げるなど様々なモノがあります。例えば、一眼レフカメラユーザーなどであれば、付属のソフトでそれらの事が行えますし、市販されているソフトなどでも行う事が出来ます。特に一眼レフタイプのカメラであれば、RAWデータと呼ばれるデータ容量の大きい規格で撮影データを残すことが出来るので、手を加えられる幅も非常に広くなります。また、ムービー機能も近年ではデジカメにおいて進化してきているので、ムービーの編集などが行えるソフトも登場してきおり、本格的な作品作りから友人間などで簡単に共有するモノまで行う事も可能になっています。

Favorite

2016/10/25 更新


↑PAGE TOP